敬友会 24時間訪問介護
TOP サービス内容 エリア お申込み 敬友会ホームページへ
利用事例

  1、急に具合が悪くなってしまった場合
2、転倒癖、骨折暦のある場合
3、「独居」「老夫婦世帯」で不安がある場合
4、持病があって体調不良を起こしやすい場合
5、排泄に支援が必要な場合
6、認知症がある場合
7、家族が不在の場合

1、急に具合が悪くなってしまった場合 24時間緊急通報

ボタンを押すだけで、オペレーターに緊急通報でき、24時間オペレーターと話すことが出来ます。
必要に応じて、あなたのご自宅へ訪問介護員が駆けつけ対応します。

※主治医に相談、救急搬送の場合もあります。家族・ケアマネージャーにも連絡します。

2、転倒した時 24時間緊急通報

転倒暦のある人は、骨折を繰り返す場合もありますので、注意が必要です。

3、「独居」「老夫婦世帯」で不安がある場合 24時間緊急通報

ご高齢の方々のみの生活は、何かと不安があるようです。
夜間対応型訪問介護:定期訪問なし

4、持病があって体調不良を起こしやすい場合 24時間緊急通報

心臓疾患など持病があるが、訪問看護の利用までは
必要が無い場合。

5、排泄に支援が必要な場合 夜間対応型訪問介護




6、認知症がある場合 夜間対応型訪問介護

認知症の方は、住み慣れた場所で、安心して生活する環境も必要です。
内服確認・生活の支援を行います。
毎日、起床時、内服確認、デイケアの準備、洗濯、掃除、調理 就寝時、内服確認、就寝援助、デイケア以外の時間に介助

7、家族が不在の場合 24時間訪問介護

住み慣れない施設は、 ご本人様の混乱を招くことが多いようです。
月に数日の24時間利用でも対応します!
数日間、更衣、調理、食事支援、就寝ケアなどを行う。

もどる